最新登録店舗

カテゴリ:


アトピーの方にとって、直接肌につける化粧品は慎重に選びたいものですね。

アトピー肌向け化粧品を選ぶ時のチェックポイントは、低刺激、天然成分、無添加、環境にやさしい、使用感の心地よさ、無香料(もしくは微香)、弱酸性とあげられます。

アトピー向け化粧品は、まず低刺激であることが重要です。今時の化粧品は、アトピー向けでなくても「お肌にやさしい」ことが重視されてますから、ほとんど低刺激ともいえますので、その中でもより良いものを選びましょう。成分表示で水の次に書いてある成分が低刺激であるかチェックしましょう。

アトピー肌向け化粧品を選ぶには、天然系のものを選ぶといいでしょう。天然の化合物(石けんやアミノ酸系界面活性剤)、天然配合(コラーゲンなど)のものなどは、お肌にやさしいといえます。

アトピー向け化粧品は、無添加のものを選ぶのも重要です。無添加とは表示指定成分の化合物を含まないものです。

アトピー向け化粧品を選ぶには、香りのきつい化粧品には注意しましょう。香りそのものが肌に影響を及ぼすわけではありませんが、香りが強い場合、刺激のある成分が配合されている可能性があるからです。
アトピーを治療するためには、食生活の改善が必要となることが多くあります。

アトピーの食事療法は、アトピーの原因と考えられる食べ物を除いて食事をする療法です。よって食事療法では、まずは検査によってアトピーの原因となる食べ物を特定することが必要となります。

この食事療法、たとえば卵でかゆみが出る場合、卵を含む料理で反応するのか、卵がメインの料理で反応するのか、生卵だと反応するのかで、卵の除去の仕方が異なります。生卵にのみ反応するなら、卵に火を通せばアレルギー反応が出ない可能性も残されています。

アトピーの原因(アレルギー反応)となる食べ物を特定するには、食べた物と症状をなるべく詳細に記録しておくといいでしょう。

アトピーの原因となる食べ物は、卵や牛乳など動物性たんぱく質を含む栄養に優れたものであることが多く、むやみに制限すると、栄養の偏りが生じることもありえます。食事療法の際は、まずアレルギー検査をして、本当に摂取を控えるべき食べ物かどうかの確認をするといいでしょう。
アトピーの治療として、温泉の活用があげられています。いわゆるアトピーの温泉療法ですね。

アトピーの治療で必須なのは、まず肌を清潔に保つことです。温泉はその成分によって効果が異なるといえますが、全体的に肌をしっとりとさせ、保湿効果を高めます。アトピーの乾燥肌には、効果的といえるでしょう。

また温泉に入ると血行がよくなります。アトピー疾患の場合、体の「冷え」がありますので、血行がよくなり体が温まるのは、アトピー症状の改善に効果的といえます。また温泉に入ることで、ホルモン分泌も改善されるという利点もあります。

アトピーに効果的な温泉の種類は、食塩泉、酸性硫黄温泉、海岸泉といわれています。